タイ入国管理事務所
タイ入国管理事務所

タイ オーバーステイ と罰則

どこの国でも同じですが、外国人の滞在にはその国なりのルールがあります。

タイの場合も、ビザなしでもビザありでも、入国に際しては滞在期限があります。

ビザなしの場合の滞在期限は30日間です。ビザありの場合はビザによりけりですが60日か90日が多いでしょう。

共に滞在延長の手続きを取ることで、滞在期限は延長される場合もあります。

この滞在期限を過ぎてタイに滞在する行為をオーバーステイ として厳しい罰則があります。

短期間のオーバーステイの場合

短期間のオーバーステイ の場合、罰金は1日五百バーツです。

罰金を支払えば済みます。

90日を超えるオーバーステイ

90日を超えるオーバーステイ は、犯罪行為として重い罰則が科されます。

1. 出頭した外国人の場合

1.2 滞在許可最終日より数えて1年を超えて滞在した外国人は、王国出国後3年間は入国不可

1.1 滞在許可最終日より数えて90日を超えて滞在した外国人は、王国出国後1年間は入国不可

1.3 滞在許可最終日より数えて3年を超えて滞在した外国人は、王国出国後5年間は入国不可

1.4 滞在許可最終日より数えて5年を超えて滞在した外国人は、王国出国後10年間は入国不可

2. 逮捕された外国人の場合

2.1 滞在許可最終日より数えて1年を超えない滞在をした外国人は、王国出国後5年間は入国不可

2.2 滞在許可最終日より数えて1年を超えて滞在した外国人は、王国出国後10年間は入国不可

入国の際にスタンプに押される(書き込まれる)滞在期限を確認し、忘れないようにしましょう。滞在期限をすぎると1日ごとに罰金も発生します。

タイランドエリートビザでの滞在

タイランドエリートビザ保持者は毎回入国のたびに1年間の滞在を許可されます。

また、手続きを取れば滞在の延長もできます。

タイランドエリートビザはタイ長期滞在に最も適したビザと言えます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事