タイビザなし入国

日本とタイではビザなし観光での入国を許可する取り決めがあり、日本人はビザなしで30日間タイに滞在できます。

タイ国内で入国管理事務所で手続きをすれば30日間の滞在延長をすることもでき、60日間まで滞在できます。

この方法を使ってタイに長期で滞在する人もいます。

ところが、最近ちょっと変化が起こっています。

ビザ取得勧告

入国審査で入国管理官に「次の入国には正規のビザを取得してください」と指導される人が増えています。

その背景には2014年にタイでできた法律「ビザラン規制法」があります。

ビザランとはタイ近隣の国のタイ国大使館に行き、ビザを取得してタイに再入国する行為を意味します。

手法としては違法ではありませんが、かつてこの方法でタイに長期滞在し、不法就労してタイ人の就労機会を奪うなど、問題が多く発生したために、この法律が制定されました。

年間の滞在日数や入国回数

ビザなしや観光ビザで、頻繁に入国している場合、通算のタイ滞在日数が増えてきます。タイの入国管理局では年間の滞在日数が多い外国人に対して、ビザ取得の指導や、入国拒否などの対応を取ることが増えているようです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事