タイビザなし観光

日本人はタイにビザなしで観光のための入国と30日間の滞在が認められています。
原則的には入国の回数などは定めはないのですが、最近微妙な変化が起きているようです。

年間通算滞在日数
タイの滞在している日数が多いと、不法就労などの疑いをかけられ、「次の入国にはビザを取得してください」と言われる場合があります。
例えば、ビザなしでタイに入国し、30日間滞在の後延長の手続きをして60日間滞在してから出国、というパターンを繰り返しているようなケースの場合によく起こっているようです。
場合によっては、入国拒否となるケースもあるようです。
ビザラン

まれに、ビザなし観光でタイに入国し、期限がくると近隣の国に行き、ビザを取得して再入国する方がいます。
近隣の国のタイ国大使館や領事館でビザを受給するので法的には問題はないのですが、その履歴がパスポートに残ると、入国審査や日本の大使館でのビザ予約の際に問題となる場合があります。

その原因は2014年に制定された、ビザラン規制法によるものです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事