バンコク移住にあたって悩むことの1つが、「どうやって賃貸物件を探すか?」ということではないでしょうか。

「バンコク 賃貸不動産」などのキーワードで検索すると、現地の日系賃貸仲介会社がたくさんヒットしますが、どの不動産会社がいいのだろう?とまた悩みが増えてしまいますよね。

賃貸仲介会社によっては、家賃3万バーツ以下は受け付けない会社も少なくありません。

そこで今回は、バンコクで賃貸物件を探す3つの方法を解説します。

アパート、コンドミニアム、サービスアパートの違いが分からないという方は、

タイのアパート、コンドミニアム、サービスアパート。特徴とメリデメを徹底解説

の記事をまずお読みください。

賃貸物件の3つの探し方

バンコクで賃貸物件を探す方法は大きく3つあります。

①賃貸不動産仲介会社(日系orローカル)

②不動産ポータルサイト

③Facebook

この中で日本語で対応してもらえるのは①の日系賃貸仲介会社のみ。あとは英語かタイ語での対応になります。

日系でなくとも外国人向けに商売をしている賃貸仲介会社であれば英語が通じますので、中学生レベルの英語が話せれば問題なく入居手続きが可能です。

バンコクでは家を借りる際の仲介手数料はオーナーが仲介会社に支払うため、入居者が支払う必要はありません。

あなたの無知に付け込み仲介手数料を要求してくる不動産会社があれば、それは要注意。さっさと縁を切りましょう。

ちなみに仲介手数料は家賃1ヶ月分が基本です。

③Facebookでは、コンドミニアムのオーナーが直接入居者募集を投稿している場合があり、その場合はオーナーと直接のやりとりになりますが、慣れないうちはオーナーとの直接契約はおすすめできません。

これは前回の タイのアパート、コンドミニアム、サービスアパート。特徴とメリデメを徹底解説

という記事でも触れましたが、コンドミニアムの場合、オーナーとトラブルになる場合が少なくないからです。

コンドミニアムは賃貸仲介会社を通して契約することをおすすめします。

それでは4つの方法を1つずつ解説していきましょう。

バンコクでおすすめの日系賃貸仲介会社

バンコクには日系だけでも約50社の賃貸仲介会社が存在します。それだけあるとどこがいいのか悩むところですが、以下3つのパターンに分類可能です。

・家賃3万バーツ以上のみ

・家賃3万バーツ以下のみ

・家賃の制限なし

バンコクの日系賃貸仲介会社は主に駐在員を顧客としているため、家賃3万バーツを目安にしている会社が多いのです。

なのでまず、あなたの予算が3万バーツ以上かどうかで選択肢が変わってきます。

それぞれのパターンでおすすめの会社は以下のとおりです。

家賃3万バーツ以上のみ

・石川商事

HP:http://www.ishikawashoji.com/

ISHIKAWA NEWS:http://www.ishikawashoji.com/ishikawa-news/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChUl91eCWqxwEhcWZKYY3iQ/videos

石川商事は大手の一角を占める創業20年の不動産会社。

自社HP上にあるISHIKAWA NEWSというブログでは、毎月サービスアパートのプロモーション情報を発信しているほか、年間人気物件ランキングや詳細な内見レポートなど役立つ記事がたくさんあります。

またYouTubeチャンネルでは1,000件近い物件の動画を掲載。内見する前にある程度動画で物件を絞り込めるので、本気で部屋探しをしている方はぜひチェックしてみてください。

・アーバンランドエージェント

HP:https://urbanland.co.th/

スクンビッター:https://urbanland.co.th/sukhumvitter/

ハッピーコンド:https://urbanland.co.th/happy-condo/jp/

アーバンランドエージェントは、お部屋探し応援ウェブマガジン「スクンビッター」で有名な創業10年を迎える不動産会社。

スクンビッターは、新築物件を中心に詳細な内見レポートが評判です。

また最近では2万バーツ台から選べるサービス付きコンドミニアム、「ハッピーコンド」事業をスタート。サービスアパートに住みたいけど、予算オーバーという方にはハッピーコンドがおすすめです。

家賃3万バーツ以下のみ

・プラカノンハウジング

HP:https://phrakhanonghousing.com/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCG8c7NURwRSsAQbcu4lKXcQ

プラカノンハウジングは、僕が知る限りバンコクで唯一の3万バーツ以下のみを専門に扱う不動産会社です。

コロナ禍のバンコクでは家賃相場が下がっており、以前に比べ3万バーツ以下でも物件の選択肢がかなり増えています。

YouTubeでの情報発信に力を入れているのも特徴です。

3万バーツ以下でもこんなに良い物件があるんだ!と驚くことでしょう。

家賃制限なし

・心友不動産

HP:https://shinyurealestate.com/ja/

Facebook:https://www.facebook.com/shinyurealestate.jp/

心友不動産は売買で有名な会社ですが、賃貸仲介も行っています。

日本人投資家向けにもコンドミニアムを販売しているため、日本人オーナーの自社管理物件が多いということが、ほかの賃貸仲介会社にはない特徴です。

やっぱり自分が借りる部屋のオーナーが日本人というのは安心できますよね。

売買、賃貸のいずれも安心して相談できる数少ない会社です。

プラカノンハウジング以外は、いずれも僕が長年取引のある会社です。

これらの会社に任せて間違いないと自信を持ってオススメできるところばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産ポータルサイト

タイには無数の不動産ポータルサイト(物件検索サイト)がありますが、僕が使うのは以下4つのサイトです。。

・Rent Hub

・Property Hub

・DD Property

・Hipflat

1つずつ特徴を説明していきましょう。

Rent hub

HP:https://www.renthub.in.th/en

Rent Hubはアパートに特化した検索サイトです。アパート検索サイトとしてはおそらくタイ最大手でしょう。

BTS(高架鉄道)とMRT(地下鉄)の路線図から視覚的に探せるので使い勝手も良し。

家賃も数千〜数万バーツまで幅広く、アパートを探している方には一択といえるサイトです。

Property Hub

HP:https://propertyhub.in.th/en

Property HubはRent Hubの姉妹サイトでコンドミニアムに特化した物件検索サイトです。Rent Hub同様にBTS、MRTから探せるだけでなく、学校から探す機能まであります。

基本的に掲載しているのは賃貸仲介会社の営業担当なので、問い合わせをして彼らと一緒に内見するという形です。

DD Property

HP:https://www.ddproperty.com/en

App Store:https://apple.co/37zIImE

Google Play:https://bit.ly/3CzXqs2

DD Propertyはコンドミニアム、アパート、一軒家、タウンハウス、土地、商業店舗の検索サイトです。ウェブサイトよりアプリのほうが使い勝手がいいので、利用する際はアプリがおすすめ。

賃貸物件は、エリア、家賃、間取り、平米数など細かく条件を絞って検索できるのが特徴です。

Hipflat

写真:

HP:https://www.hipflat.co.th/ja

Hipflatはコンドミニアムの検索サイトです。

物件の掲載数はおそらくタイ最多だと思いますが、サイトの使い勝手がいまいちなのが残念。特にモバイルサイトはよく落ちます。

それでも1つの物件を見ているときに、同じ物件内の他の部屋をリコメンドしてくれたり、その物件の近くにある同じような家賃・間取りの物件をリコメンドしてくれたりする機能が便利でよく使っています。

僕のHipflatの使い方はこうです。

気になるコンドミニアムがあれば、まずその名前でググる。

そうすると検索の上の方に必ずHipflatが表示される。

Hipflatでその物件の空き部屋がたくさん掲載されているはずなので、気になる部屋を見ていく。

そうすると前述のようにリコメンドされるので、他の部屋や物件を見ていく。

こんな感じです。Hipflatで検索するよりも、コンド名でググってからHipflatのサイトを見に行くほうが楽です。

Facebookで部屋探し

日本ではありえないと思いますが、世界有数のFacebook大国であるタイでは、部屋探しもFacebookで出来るんです。

Facebookでの探し方は以下の3パターンがあります。

・Facebookグループに参加する

・Market Placeで探す

・不動産会社のFacebookページをフォローする

それでは1つずつ解説していきましょう。

Facebookグループに参加する

タイにはたくさんのFacebookグループがありますが、賃貸物件を貸したい人と借りたい人が集まるグループが10個以上存在します。

僕が参加している中から3つのグループを紹介しましょう。

いくつかそんなグループがあるのですが、僕が参加している3つのグループを紹介しましょう。

まずは外国人向け(英語での投稿)では最大のグループがこちらです。

  • Bangkok Expats – Apartments & Condos for Rent/Sale
https://www.facebook.com/groups/1536783979737516

賃貸だけでなく売買もありますが、2021年8月時点で参加者は1.9万人。

ここに日々、様々な物件が投稿されているのです。オーナーの投稿もあれば、賃貸仲介会社の投稿もあります。

非公開グループなので内容はお見せできませんが、誰でも参加できますので、気になる人は参加リクエストをしてください。

続いて2つ目のグループは、「CONDO EXCHANGE CENTER」です。

・CONDO EXCHANGE CENTER

https://www.facebook.com/groups/property.exchange.center

タイ語での投稿も多いですが、参加人数は2.1万人と、3つの中では最大のグループです。オーナー、エージェントの両方から投稿がありますが、投稿数も3つの中で最多なので、バンコクでコンドミニアムを探している人は参加しておくといいでしょう。

3つ目のグループは、「Sukhumvit Condos Expats」です。

・Sukhumvit Condos Expats

https://www.facebook.com/groups/2159284734347274

参加者は3,500人と他の2つのグループほどの規模ではありませんが、毎日のように投稿があり活発なグループです。

Sukhumvit Condosと名前が付いていますが、スクンビット以外の物件もあります。それでもバンコク都心の物件がメインなので、都心部でコンドミニアムを探している人は参加してみるといいでしょう。

こちらは公開グループなので誰でも投稿を見ることができます。

Market Placeで探す

タイではFacebookのCtoCマーケットプレイスである「Market Place」がよく使われています。日本のメルカリのように個人同士の売買の場です。

Market Placeでバンコクの物件を探す場合は、

検索窓に、「condo for rent」と入力し、エリアを、「バンコク」に設定。

家賃を入力して絞り込むこともできます。

Market Placeは個人間の取引といっても、投稿者には賃貸仲介会社もいます。

個人的にはオーナー直接よりも仲介会社を通すほうが安心なので、まったく問題ありません。

不動産会社のFacebookページをフォローする

最後は不動産会社のFacebookページをフォローするというやり方ですが、僕のお気に入りは1つです。

  • BKK Condo for Rent 
https://www.facebook.com/bkkcondorent

The Bangkok Residenceというローカルの不動産会社のページなんですが、ドンピシャでいい物件を投稿してくるんですよね。

Twitterでも僕はよくこのFacebookページの投稿をシェアしたりするんですが、「えっ!この物件こんなに安い部屋あるの?!」といつも驚かされます。

このページでいいなという物件を見つけたら、その物件名でググる。

Hipflatでその物件内の他の部屋をチェック。

という使い方をよくします。

まとめ

以上、バンコクで賃貸物件を探す3つの方法を解説しました。

4つ目には、「自分の足で探す」というやり方もあるんですが、日本からは不可能ですし、バンコクの地理に詳しくない方には難しい方法だと思いますので、今回は省略した次第です。

いろんな探し方を紹介しましたが、家族で移住するなら日系の賃貸仲介会社を利用したほうがいいでしょう。

物件以外にも学校や習い事など、日本人担当者が親身になって相談に乗ってくれるからです。ローカルだとなかなか日本人の生活習慣までは理解してもらえない場合が多いので、家族なら迷わず日系を!

筆者紹介

明石直哉

2011年からバンコク在住。2015年に起業し、現在は会社経営と写真家という二足のわらじで活動中です。 このブログではタイ移住を検討している方に向けて、在住10年の経験を活かした情報を発信していきます。
Twitter
https://twitter.com/naoya_bkk /
Instagram
https://www.instagram.com/naoya_bkk/
Youtube
https://www.youtube.com/c/naoyaakashi

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事