タイ長期ビザ

タイ長期ビザ

タイに長期滞在できるビザをご希望の方が増えています。

50歳以上のタイ長期滞在ビザとの比較

タイでは50歳以上の退職者対象のリタイアメントビザという1年間滞在できるビザがあります。

申請基準は厳しく、タイの銀行に80万バーツの預金を預けたり、年金の収入証明が必要です。

ビザは1年間のマルチプルビザですが、入国の際の滞在許可は90日です。

ビザの期限1年間
ビザの種類リタイアメントビザ
1回の入国で滞在できる日数90日
申請に必要な書類ビザ申請用紙
写真
パスポートコピー
経歴書
金融証明書
無犯罪証明書
国公立病院発行の健康診断書
健康保険証明書
航空券
タイの居住地を証明する書類
申請に必要な要件英文預金残高証明書 
要:800,000バーツ以上の預金額
年金証書および最新の額面入り年金振込通知書 
要:月額67,000バーツ以上の受給額
または合計年額800,000バーツ以上の受給額

その他のビザでのタイ長期滞在

その他のビザでのタイ長期滞在には、ビザの更新が欠かせなくなります。

制度上マルチプルは存在しますが、現状はマルチプルビザはなかなか許可されないようです。

ビザの種類シングルビザ期限滞在許可
観光ビザシングル90日60日
業務ビザシングル90日90日
教育ビザシングル90日90日

異例のタイ長期滞在ビザ=タイランドエリートビザ

通常のビザと異なり、異例の長さでタイに滞在できるビザがタイランドエリートビザ です。

ビザの種類マルチプルビザ期限滞在許可
スペシャルツーリストビザマルチプルビザ5年1年

タイランドエリートビザは5年マルチプルビザです。

  • タイランドエリートビザは5年マルチプルビザです。
  • 毎回入国の度に1年間の滞在が許可されます。
  • 何度でも入出国が可能です。

その他に、

  • 10年メンバーは2回、20年メンバーは4回受給できます。
  • 1年滞在後に滞在延長も可能です。
  • 90日レポートもメンバーサポートが代行します。

また、

  • 会員のビザ申請には申請手続き不要です。
  • ビザの発給も簡単です。(コロナ禍の特別対応は除きます)
  • 入出国時には国際空港でのVIP待遇が受けられます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事