タイランドエリート
タイランドエリート

タイエリートカード タイエリート

タイエリートカード

タイエリート

エリートカード

などいろいろな呼び方で呼ばれますが、正しくは、タイランドエリートです。

タイランドエリートとは

2003年にタイの法律に基づいてスタートした、タイ国政府観光庁直営の国営企業が運営にあたる国家プログラムです。

タイランドエリートの人気

2017年にタイランドエリートは当時のPruet Boobphakam社長の発案でメンバーシップの大規模な見直しを破票しました。5年、10年、20年の7種類のメンバーシップとし、特典内容にも変化をつけた新メンバーシップは世界のタイ長期滞在希望者に歓迎され、急激にメンバー数を増やし、それまで3000名ほどで推移していたメンバー数を、2020年には10,000名に到達するまでに至りました。

タイランドエリート人気の秘密

タイランドエリートビザ

タイランドエリート人気が高騰している大きな要因は会員だけに発給される特別なビザ、タイランドエリートビザです。

年々観光客が増加する中、タイを頻繁に訪問し、長期滞在を希望する外国人も増えてきました。

その一方、ビザなしや観光ビザでの長期滞在に対する制限が年々厳しくなり、タイ長期滞在やタイ移住のためのビザに対する要望が強くなってきました。

そんな方々から熱い注目を浴びたのが、大ランドエリートビザ です。

タイ長期滞在を可能にします

観光ビザでの滞在期限は60日です。大国内で滞在延長手続きをしても最長90日。

タイに長期滞在をするためには、入出国を繰り返し、ビザ申請も繰り返さなければなりません。

その上、観光ビザでのタイ居住を繰り返しますと、タイでの不法就労を疑われ、ビザの申請自体を却下されるケースも増えてきました。

そんな中で、毎回入国のたびに1年間のタイ滞在が認められ、最大5年間のタイ居住が認められるタイランドエリートビザは、タイ移住希望者には待望のビザと言えます。

その他の特典

タイランドエリートのその他と特典も、メンバーには好評です。

入出国時のタイ国際空港VIP待遇

世界中からの観光客で混み合うスワンナプーム空港。ピーク時には入国審査の行列が2時間、3時間待ち、というケースも。

そんな中、エリートメンバーはエリートパーソナルアシスタントのフルアテンドで快適かつスピーディーな入出国を実現できます。

銀行口座の開設

タイでは外国人は銀行口座の開設ができません。
銀行口座解説にはワーキングパーミットが必要です。

タイランドエリートメンバーはバンコク銀行、カシコン銀行での銀行口座開設のために推薦状が発行されます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事