プーケットサンドボックス最新情報

プーケットサンドボックス最新情報

2021年6月29日更新のタイ国政府観光庁のプーケットサンドボックス情報を転載します。


バンコク、2021年6月29日に更新、22.00時間。–タイ国政府観光庁(TAT)は、2021年7月1日からパイロット目的地としてプーケットを出発点として、タイの再開に関する最新の一般情報を提供できることを嬉しく思います。
タイ王立政府から公式に承認された指令は、2021年6月29日に王立官報で発表されました。
タイ人および非タイ国民のためにタイに入国するための措置。到着前旅行者は、旅行日の14日前までに危険な場所や混雑した場所を避けることをお勧めします。旅行者は、観光スポーツ省(MoTS)が提案する公衆衛生省(MoPH)のガイドラインに従って、COVID-19状況管理センター(CCSA)によって承認された国/地域(リスト)から旅行する必要があります。TATであり、タイ国民および海外から帰国する外国人駐在員を除き、旅行日の21日以上前に当該国に滞在している必要があります。指定されたシステムまたはウェブサイトを介して旅行を登録し、次の書類を持っている必要があります。エントリー証明書(COE)。COVID-19が旅行日の72時間以内に検出されないことを示すRT-PRC法による検査結果の診断書。タイでの全期間にわたる、申請者1人あたりのCOVID-19の医療費および治療費をカバーする英語の保険証券のコピー。補償範囲は10万米ドル以上と明確に識別されています。14泊以上の滞在の支払い確認書のコピーと、MoTSまたはTATによって承認されたホテルでのRT-PCRテスト。滞在期間が14日未満の場合、旅行者はタイからの確認済みの航空券と、宿泊の支払い確認、および目的の滞在期間をカバーするホテルでのRT-PCRテストを提示する必要があります。旅行日の14日前までにMoPHまたは世界保健機関(WHO)によって承認されたワクチンによるCOVID-19に対するワクチン接種の証明書。両親または保護者と一緒に旅行する18歳未満の旅行者は、旅行日の72時間以内にCOVID-19が検出されないことを示すRT-PRC法による検査結果を含む診断書を持っている必要があります。旅行者は出発前に出口スクリーニングを受ける必要があります。
到着入国審査と入国管理および税関手続き:プーケット国際空港への直行便の直行便をご利用の旅行者は、入国時に健康診断と入国管理および税関手続きの対象となります。クリックすると、「プーケット国際空港での7ステップフロー」または「7ステップ7カウントダウン」が表示されます。アラートアプリケーションをダウンロードしてインストールするだけでなく、タイでは全期間にわたってアプリケーションを常にオンに設定します。承認された空港送迎サービスで予約済みのホテルに直接進みます。以下の要件に従って、自己負担でCOVID-19検査(RT-PCR法)を受けます。到着時に最初のテストを受け、宿泊施設でテスト結果を待ちます。次の要件に従って、追加のRT-PCRテストを実施します。滞在期間が7日未満の旅行者は、6日目または7日目に、またはMoPHのガイドラインに従って別のテストを受ける必要があります。滞在期間が10〜14日の旅行者は、MoPHのガイドラインに従って、6日目または7日目に2回目のテスト、12日目または13日目に3回目のテストを受ける必要があります。旅行者がCOVID-19の検査で陽性となった場合、旅行者は指定された医療施設に紹介され、その費用は必要な保険でカバーされなければなりません。COVID-19が陰性の場合、旅行者はプーケットのどこにでも行くことができます滞在予定日数が14日未満の旅行者は、出発予定日またはそれ以前に、別の国への国際線ですぐにプーケット(タイ)を出発する必要があります。(FAQを参照)プーケットで14泊を終えた旅行者は、他のタイの目的地への旅を続けることができます。(FAQを参照)国際/国内出発プーケットから他の国へ旅行する場合、旅行者は目的地のそれぞれの国によって発表されたガイドラインと措置に従うことをお勧めします。プーケットから他のタイの目的地に旅行する場合、旅行者は、それぞれの目的地によって発表されたガイドラインと措置に従って、14泊の宿泊施設を完了したことの証明とその他の必要な書類を提示する必要があります。  

日本人はビジネス目的に限って、このプログラムに参加できる模様です。