記事一覧

アヴェンチュリンエナメルダイアルを採用した「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ フライング トゥールビヨン」が登場

オーデマ ピゲより「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ フライング トゥールビヨン」が発表された。その名の通りフライングトゥールビヨンを搭載した今作は、アヴェンチュリンエナメルダイアルを採用。CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲに更なる立体感をもたらせている。

オーデマ ピゲ CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ フライング トゥールビヨン
ブラックアヴェンチュリンエナメルダイアルとピンクゴールドケースを組み合わせたモデル。自動巻き(Cal.2950)。27石。2万1600振動/時。パワーリザーブ65時間。PG(直径41.0mm、厚さ11.8mm)。30m防水。価格要問合せ。


深みのあるアヴェンチュリンエナメルとトゥールビヨンが魅せる、新たな「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」
 2019年、SIHHにてオーデマ ピゲの「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」(以下CODE 11.59)コレクションが発表された。2020年は3針やクロノグラフの新作など、着実にラインナップを増やしてきた同コレクション。今回は新たにフライングトゥールビヨンを搭載した「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ フライング トゥールビヨン」が追加された。同社は2018年のロイヤル オーク コンセプトコレクションで、フライングトゥールビヨンを載せた手巻きムーブメント搭載モデルを発表しているが、今回はフルローター式の自動巻きムーブメントの採用となった。厚みの面で不利となるフルローター式であるが、あえてそれに挑戦したのは同社らしいと言えるだろう。今作は、ダイアルとケースのカラーが異なる1型2種での展開となる。



裏蓋はシースルーとなっている。ケースに合わせた22Kピンクゴールドのローターは、大きくスケルトナイズされており、ムーブメントが鑑賞しやすくなっている。
 ひとつめは、ダイアルにブラックアヴェンチュリンエナメルを採用し、インデックスや針、ケースにピンクゴールドを用いたモデルだ。このダイアルは、ゴールド素材の上にアヴェンチュリンガラスのパウダーを重ね、グランフーエナメルで仕上げたものである。焼成は職人の手作業によって行われ、何度も何度もガラスパウダーの塗り重ねと焼成を繰り返すことで、ひとつひとつ違った表情を持つダイアルに仕上げられる。



ホワイトゴールドケースのモデルには、ロジウムカラーの22Kゴールド製ローターが採用されている。搭載されているキャリバー2950は、オーデマ ピゲ初となるフライングトゥールビヨン搭載の自動巻きムーブメントだ。
 デザインは、両モデルともCODE 11.59の基本を踏襲している。薄い円形のベゼル、8角形のミドルケース、円形のケースバック、そして大胆に肉抜きされた短めのラグなど、いずれも他のコレクションでは見られない唯一無二の意匠である。今作で採用されたアヴェンチュリンエナメルは、ダイアルに透明度と深みを持たせることで、CODE 11.59にさらに立体的な表情を与えた。同コレクションの魅力を更に引き立てる仕様だと言えるだろう。


【関連記事】:紳士推薦します

コメント一覧

紳士推薦します URL 2021年08月06日(金)16時23分 編集・削除

腕時計に関する情報をまとめたメディアです。腕時計に関するライフスタイル提案から、今さら聞けない知識など、腕時計が大好きな方へ情報を発信しています。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー