Yohji Yamamoto POUR HOMMEの2023年春夏コレクションのモデルに豪華俳優陣が登場

ヨウジヤマモト プール オムの2023SSコレクションのランウェイモデルに遠藤憲一、加藤雅也、大沢たかお、伊藤英明、要潤、城田優、竜星涼、Snow Man(スノーマン)のラウールらが登場。 デザイナー山本耀司 が手がける「Yohji Yamamoto POUR HOMME(ヨウジヤマモト プール オム)」が、2023年春夏コレクションを東京にあるヨウジヤマモト青山本店の地下1階で発表した。 「Yohji Yamamoto POUR HOMME(ヨウジヤマモト プール オム)」は、デザイナー山本耀司の世界観を最大限に服のクリエーションで表現するメンズブランドであり、1984年にパリコレクションで初発表。山本氏の考える男性像は、社会の規範に縛られることなく自由な精神を持つ、”何者だかわからない“、格好良くありながらどこかコミカルなユニークさが漂う男たち。 松重豊、加藤雅也、伊原剛志、三原康可らが参加した2022年秋冬コレクションに続き注目が集まる今シーズンのコレクションでは、山本耀司デザイナーが服に載せた心境 “心静かに”、“十十無尽”、“Shitty Life(くそったれな人生だ)”、“I’m so bored with rules(ルールにはもう飽きた)”などの言葉が目を惹く中、ランウェイモデルとして有名俳優陣が登場。今回は遠藤憲一、加藤雅也、大沢たかお、伊藤英明、要潤、城田優、竜星涼、Snow Man(スノーマン)のラウールらといった豪華メンバーが、いつもとは違ったシブすぎる雰囲気を纏い、コレクションの世界観を表現した。

HBX のニューヨーク旗艦店がオープン

我らが 『HYPEBEAST』 のEコマースとリテールのプラットフォームである『HBX』は、米国初の実店舗となる旗艦店『HBX New York(HBX ニューヨーク)』を6月17日(現地時間)にオープンさせた。ニューヨークのチャイナタウン中心部に位置する7階建て、25,000平方フィートのスペースには、『HBX』のアイテム販売エリアからイベントスペース、オフィスフロアが収容されている。 『HBX New York』のメインフロアとなる1階は、ポップアップ、インスタレーション、展示会などのためのダイナミックなスペースとして機能させるため、流動的で常に変化できるように設計されている。そしてここでは、『HYPEBEAST』の手掛けるコーヒーブランド『HYPEBEANS(ハイプビーンズ)』のメニューを楽しむことも可能だ。 2階は、メンズ、ウィメンズのウェアやシューズ、ライフスタイルのカテゴリーで構成され、40以上のブランドから『HBX』独自の視点でセレクトされた商品を購入することが出来る。例えば〈Nike(ナイキ)〉〈adidas(アディダス)〉〈Moncler(モンクレール)〉〈STÜSSY(ステューシー)〉など、トップレーベルのスニーカーやアパレル製品はもちろん、〈OAMC(オーエーエムシー)〉〈mastermind JAPAN(マスターマインド・ジャパン)〉〈Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)〉〈Stone Island(ストーンアイランド)〉などの老舗ブランドや若手デザイナーのシーズンアイテムなども並べられる。近日中には、店舗限定の特別アイテムや 『HBX』エクスクルーシブアイテムも販売される予定だ。 そして3階では、カルチャーイベントやポップアップショップ、パネル展などを開催できるようなイノベーションスペースとして機能するフロアが設けられ、建物の4階以上の部分は、『HYPEBEAST』従業員のためのワークスペースとして設計されている。 行きたくても行けなかった海外旅行の制限も段階的に緩和され、これからニューヨークに滞在を予定している方には、是非とも『HYPEBEAST』が表現するオフラインスペースを訪れてみて欲しい。

フレッシュサービス×ビームス初コラボ、機能素材を用いたシンプルオーバーシャツやショーツ

フレッシュサービス(FreshService)とビームス(BEAMS)による初のコラボレーションアイテムが、2022年6月18日(土)よりビームス 原宿などで発売される。 “ミリタリー”をルーツにした初コラボレーション 両ブランド初のコラボレーションでは、“ミリタリー”をルーツにした4つのアイテムをラインナップ。デザイン性と優れた機能性を兼ね備え、街からアウトドアシーンまで幅広く着用できるアイテムに仕上げている。 中でも注目は、ゆったりとしたシルエットに仕立てたショートスリーブシャツとイージーショーツ、キャップだ。素材に、抜群の速乾性と透湿性・軽量性を兼ね備えた「パーテックス・イクリブリウム(PERTEX EQUILBRIUM)」を採用。表裏に異なる太さの糸を組み合わせた二重織りにより、肌と生地の接着面をドライに保ちつつ、程よいストレッチ性を備えている。 また、オーバーサイズのショートスリーブTシャツも用意。コットンのようなソフトな肌触りながら、吸水速乾性に優れた生地を用いている。サイトの縫い目にはサイドポケットを設け、機能性を高めた。

カレンダー

  • 06月  2022
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930