タイ長期滞在を実現するタイランドエリート

タイ長期滞在を実現するタイランドエリート

[ 2019年10月26日 ]
タイランドエリートが注目される理由

タイランドエリートは2003年にタイの法律に基づきスタートした国家プログラムです。スタート当時は外国人富裕層をターゲットとしてきました。

イギリス、フランス、オーストラリアをはじめとする世界各国の富裕層がメンバーシップを享受してきました。

その一方では、タイの観光客が激増し、2018年の外国人観光客は3800万人を超えました。こうした状況の中、タイでは不法に長期滞在する外国人を排除する動きも本格化してきました。

30歳40歳代に人気がある理由

2014年にタイではビザラン規制法が制定されました。この法律はビザランなどの手法でタイに不法に長期滞在し、不法就労する外国人も増える状況の中、タイに長期滞在を認めない方針を明確にしました。

この法律の制定以降、タイへの頻繁な入出国を繰り返すノービザ観光には正規ビザ取得勧告を出したり、観光ビザの発給では年間180日を超えるビザ申請は却下されるなど長期滞在を認めない方針を打ち出しました。

なかなか取得できない長期ビザ

最近のタイ政府は外国人の年間180日以上の滞在を認めない方向のようで、観光ビザでも申請は年間2回までで、それ以上の申請は却下されるようです。

ビザなし観光でも回数が増え、滞在日数も増えると、入稿管理官からビザ取得の指導を受け、パスポートにも”O-I”の書き込みをされます。

高まる長期滞在熱

一方、ノマドワーカーや、投資家の間には、タイに年間180日以上住み、日本の非居住者となることを希望する層も増えてきました。

こうしたノマドワーカー、投資家にとって、タイに長期滞在をするための手段としてにわかに注目を浴びているのがタイランドエリートなのです。

5年マルチプルビザ

タイランドエリートのメンバーには5年マルチプルビザが発給されます。

このビザは、タイランドエリートメンバーのために特別に法律で認められたビザで、他のビザとは異なる大きな特徴があります。

○年間何回でも入出国が可能
 リエントリーパーミットなどの手続き不要で、何度でも入出国できます。

○毎回入国ごとに1年の滞在が可能
 90日レポートもメンバーサポートが代行します。

○申請不要
 タイランドエリートのメンバーであれば、コンタクトセンターにメールで依頼するだけ。

最長20年の居住

タイランドエリートメンバーには5年、10年、20年のメンバーシップがございます。それぞれ、10年メンバーは5年マルチプルビザを2回、20年メンバーは4回受給できます。

20年メンバーはタイに20年居住できることになります。

よくある質問

世界初、国家がVIPとして迎えてくれるタイランドエリート優遇システムのよくある質問をまとめてみました。

connect with us