微笑みの国タイ
微笑みの国タイ

タイに住む準備

タイに何度も通う中、徐々に滞在日数が増え気がつくとタイに住んでいた。という方も多いようです。

ずっと居たくなる心地よさがある国、それがタイです。

なんとなくいても心地よい国ではありますが、実際に移住するとなるとどんな準備が必要でしょうか?

日本の海外転出届

海外に1年以上居住する場合は、日本で居住している市町村に海外転出届を出します。

この届けを出すことで、非居住者扱いとなり、年金の支払い、所得税の支払いが休止されます。

在タイ日本大使館への在留届

タイに3ヶ月以上滞在する場合は、在タイ日本大使館に「在留届」を提出することが義務付けられています。

「在留届」には、氏名、本籍、海外での住所、留守宅などの連絡先、旅券番号、同居家族(配偶者、子ども)などを記入します。

在留届を出すと、日本に帰国する際には日本の鉄道をお得に利用できるレールパスも利用できるようになります。

90日レポート

タイに90日以上滞在する全ての外国人は入国管理事務所に90日届けを提出する義務があります。

ビザの準備

タイに長期滞在するためには、ビザが必要です。
ビザは滞在許可日数とビザの期限が長く、マルチプルであることが望ましいのですが、そうしたビザはあまり存在しません。滞在許可日数が短く、ビザ期限も短いと、日本との往復、ビザの繰り返しの申請が必要になります。

1年間のビザ

リタイアメントビザ

ビザ期限は1年間
マルチプルビザ
入国のたびの滞在許可は90日

50歳以上の退職者対象のビザです。

80万バーツの預金、月額65,000バーツ以上の年金収入があること

申請に必要な書類

1.ビザ申請書:原本とコピー2部
2.パスポート:原本+押印面コピー3部(有効期限1年6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が2ページ以上あるもの)
3.顔写真(縦4.5cm×横3.5cm):4枚(総領事館では3枚)
4.航空券または予約確認書:原本とコピー2部
5.英文履歴書(公館フォーム):原本とコピー2部
6.犯罪履歴証明(外務省認証要):原本[各府県警察本部にて旅券・写真・戸籍謄本・住民票・記入済み査証申請用紙・本申請要項持参の上本人申請※開封厳禁]
7.国立・公立病院発行の英文健康診断書(外務承認証要):原本とコピー2部

90日のビザ

観光ビザ

ビザ期限は90日
シングルビザ
入国の際の滞在許可60日(タイ国内で申請すれば30日間の延長可能)

注意が必要な点

観光ビザでの年間タイ滞在日数には制限があり、連続してのビザ申請は却下される場合があります。

ビジネスビザ

ビザ期限3ヶ月(1年はなかなか発給されないようです)
シングルビザ
入国の際の滞在許可90日

教育ビザ

ビザ期限3ヶ月(1年はなかなか発給されないようです)
シングルビザ
入国の際の滞在許可90日

5年のビザ

タイランドエリートビザ

ビザの期限は5年
マルチプルビザ
入国の度の滞在許可は1年間(滞在を続ける申請も可能)
10年メンバーは2回受給で10年滞在が可能です。
20年メンバーは4回受給で20年滞在が可能です。

申請も簡単です
有料のタイの長期滞在プログラムタイランドエリートのメンバーのためのビザです。

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事